読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの赤はアーセナルの赤

音楽、アーセナル、漫画、食べ物など

Cero WWMM 恵比寿リキッドルーム

ミツメとceroが対バンということで見るっきゃないという事で行ってまいりました恵比寿リキッドルーム。個人的にceroってリキッドくらいの大きさが一番音響的にいいのではないかと思って来たのと古川麦さん、オダトモミさんの加わった新編成もかなりスリリングとの事で期待大でした。トップバッターとの事でフロアも私が行った時にはスカスカという感じでいいかしらという感じでしたが友達を待って柵の前あたりに陣取りました。

  1. Yellow Magus
  2. Ellephant Ghost
  3. よきせぬ
  4. exotic penguin night
  5. 夜去
  6. 街の報せ 
  7. 新曲?

というようなセットリストだったかと思います。

3.よきせぬ

凄くよかった。ドラムの軽やかなリズムと高城さんのボーカルが色気があって抜群。オダトモミさんも随所に凄みをだしてた。打ち込みのフレーズを引き直したり、再構築的なフレージングが挑発的でカッコよかった。

4.exotic penguin night

古川麦さんが加わりアグレッシブで盛り上がった。少し黒田卓也さんとやったLIVEを思い出させるような感じ

6.街の報せ

もうほんと素晴らしかったな。この曲が持つ特別な雰囲気がよく出ていた。今のceroの良いところが最も出ている曲だと思う。素晴らしい音楽の欠けらをceroの3人が集めて一つの音楽を作っている事がよく伝わってくる。ceroって音楽が本当に好きなんだろうなと伝わってくるとこが凄く信頼できるんだけどその結晶のような

何度でも見たい名曲。

7.新曲

街の報せのシングルの三曲の方向性に似た曲だったけど女性陣のコーラスとの掛け合いが印象的な一曲。高城さんを見ていてジャスティンティンバーレイクとチャンスザラッパーが頭に浮かんだ。早く音源で聞きたい。

 

この日の演奏はObscure Rideをさらに推し進めたような、異物を加え化学反応を起こさせたような、挑発的で新しいサイクルに入っていくLIVEに感じた。JAZZ的な要素を加える方向性でいくなら石若駿さんとやって見て欲しいとか思ってしまった。

音響的にもっとキックを出して欲しいなと常々思ってましたが今回のLIVEを見て今の音作りのバランスに納得がいった。今後がますます楽しみ

ミツメなど WWMMについてまた書きます。